A BASE ON WEB
感性アナリスト「岡田耕一」のWEB上の活動の基地局です。 感性アナリストとしての活動報告から日常の些細な事まで感性アナリストとしての目線から多くの情報を発信していくブログです。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日経産業新聞 宇宙戦艦ヤマトのバイクヘルメット

感性トレンドの構成要素ハード期・ソフト期、もう一つの視点アナログ期・デジタル期の現在の時代はアナログ・ソフト期である。

日経産業新聞の12月25日付け14面に「宇宙戦艦ヤマトのバイクヘルメット」の記事がある。

来年三月までの期間限定の商品である。

実は現在は、あと5年で確実に顕著になってくるハード期の要素が、顔を出し始める時期なのだ。

自動車には明らかにその傾向がでてきている。

ヘルメットには、ガンダムのバイク用ヘルメットも商品化されている。

ヘルメットではないが、シャア専用携帯が大人気なのは、周知の事実だろう。

キャラクター商品×既存商品=これらの商品と分析する人が多いと思うが、これらは、感性トレンドの観点から分析すると、ハード期の先行表象であるといえる。

感性トレンドのハード時代のキーワードはいくつかあるのだが、その中の一つに、「用途抜きでかっこいい」とうものがある。

これらの商品はこれに該当するものなのだ。

戦略として、限定商品としているが、これは、賢明な方法だ。また、この限定品というのは、アナログ期の特徴にもなっているのだ。

ヘルメットにとって一番大切なことは、安全である。そして、バイク乗りの方はご存知だろうが、通気性・軽量感などである。

これらの機能が充実するのがソフト期の商品である。

ハード期には、これらの大切なことよりも、見た目に無意識下に好感を感じてしまうことになる。正確には、基盤となるハードの面が充実する28年となる。言い換えると枝葉でなく本質が極められる時代でもあるといえる。

先ずは、見た目のかっこよさが、さりげなく表現されているヘルメットやシャア専用携帯は、この時代の先鋒と見ている。

シャア専用携帯は、携帯の機能よりも見た目となによりも充電器がかっこいいのが特徴だ。機能よりも見た目なのである。しかもでかい!合理的に考えたら、邪魔だ。

でも欲しい人にとっては、たまらない商品なのである。

これらの商品の他にも、この傾向が見ることができる。

時代の潮目の商品の違いはおずおずとゆっくり首をもたげてくる。

ここをつかめるかどうかが、5年後の成功に大きく関わる。

ヘルメットのカラーリングや多少のデザイン上でのアクセントは低コストでも実現ができる。

デコ電のようなビジネスモデルの展開も可能だ。

次に出るのは、

エヴァンゲリオンヘルメットか?
スーパーサイヤ人ヘルメットか?
ウルトラマンヘルメットか?
仮面ライダーヘルメットか?

この傾向、ヘルメットに限らず、身近な商品に来年早々にも明らかに見られてくるはずである。

また、ハード期の兆候が現れてきている商品が掲載されたら報告させて頂きたいと思う。




スポンサーサイト

早起きは三文の徳

昔からの言い伝えは馬鹿にできない。

早起きは三文の徳

というよく聞く言葉がある。

現代の医療や科学が進んだ結果、この言葉は現実に人に大切な事だと言う事が明らかになってきている。

早起きが、なぜ、よいのか。

朝、日光の光を網膜が感じる事によって、体内度時計のリセットがおこなわれることは、ご存知の方は多いだろう。

これは、脳内のセロトニンの分泌にも関係がある。

セロトニンは幸福感を感じる脳内物質と考えられている。

プラス思考が大切!

なんて言葉はよく聞く言葉だが、このセロトニンが分泌されていないと不幸感を感じやすい。

そして、早起きをするには、早寝が必要になる。

この早寝も凄く大切な事である。

現代生活において、宵っ張りになっている方も多いと思うが、夜の10時から深夜二時までは、まさにゴールデンタイムなのだ。

美容に興味のある方は、この時間の大切さをご存知だろう。

成長ホルモンが分泌され、壊れた細胞を修復する時間なのだ。
だから、夜の睡眠は、お肌に良いのだ。

そして、更には、この時間帯は、脳にとってもゴールデンタイムなのである。

この時間、最も海馬の処理が活発におこなわれる。

寝ている間に、脳が経験した事を、整理する時間なのだ。この脳の経験とは、顕在意識だけでなく、潜在域で感じている事も整理される時間でもある。

赤ちゃんの睡眠時間が多いのは、新しい経験が多いからなのである。

寝る子は育つ

もこの意味で馬鹿にできない言葉なのである。

そして、なるべくなら、網膜に光の刺激を与えない事が大切である。
暗闇で寝るという原始的なことが、体にも脳にも良い影響を与える。

健康と美容と知識に大きな影響を与える睡眠。

早起きは三文どころか、値千金なのである。


女性脳を活かし効果があった事例

日経MJ 2007年12月19日 5面

売る技術 光る戦略

マルエツ、商品開発に女性の声

以前、女性の知恵で無駄取り隊のコラムをUPしたことがあるのだが、この記事も女性の脳力を上手く活用している事例だ。

マルエツのプライベートブランドの商品開発に女性オブザーバーを登用している。
直接、顧客と接するパート従業員の女性が自由な発言を許されており、商品企画に反映する会議を開いているというものである。

女性脳の特徴である細やかな気付きや現実的な発想が活かされている好事例だ。

その結果、ある商品では売り上げが前年同期比3.8倍という実績だったとのこと。

つまり伸び率380%!!!

他にも150%の実績を出した商品もある。

女性脳を上手く活用すると企業にはこれだけ大きなメリットがあるということだ。

今までの男性脳中心の企業体質から早く女性脳を活かす企業体質に変わることができる企業がこれからの時代は強い。

なぜなら、女性脳要素活性化の真っ只中だからである。

真のダイバシティーが実現されているとも言える。

記事ではふれられていないが、その業績が彼女達の収入にしっかりと反映されていることを期待したい。

感性トレンドの視点から見るハリウッド版 ドラゴンボール

ハリウッド版ドラゴンボールのキャストなどが発表され、いよいよ撮影が開始されるようだ。

映画化の権利をハリウッドの映画会社が買ったというニュースはもうずいぶん前の事だ。

感性トレンドの観点から、ちょっと検証してみようと思う。

この漫画が連載されていたのは、デジタル期後半ソフト期前半にあたる。

冒険を続け、ついには宇宙の果て、神様の世界の果てまで行ってしまうのは、デジタル要素になる。そして、修行したものが強くなるというのもデジタル要素である。

しかし、ときおり見せるギャグや、ヒューマンな部分はアナログ期のものである。

映画版は、キャスティングの解説を見る限りでは、原作と少しストーリが違うのかもしれない。

もしくは、ピッコロが復活した天下一武道会あたりから、話を初めて、三部作くらいの構想なのかもしれない。

世界でも人気のアニメだから興行成績は良いと思うが評価は割れる可能性はある。

原作に描かれているアナログ時代の要素が強く作品に出れば、新たなファンも獲得する大ヒットになるだろう。

クリエイターの人は感性のアンテナの高い人なので、きっと、現代のアナログ気分を満足させる作品に仕上げてくるだろうと期待する。

早くみたい!!

天竜のこと

11日に天竜の某企業様にて、セミナーを行って参りました。

道中、事故の影響で、高速道路が渋滞し、予定より一時間遅れの開催となりました。

本来は一日の講座を4時間に詰めたカリキュラムでした。

開催者からは終了時刻を一時間遅らせて構わないということでしたが、直前で、やはり定刻終了でお願いしますとのこと。

かなり走ることになりました。

ケースワークでは、受講生の方の進行具合で急遽代替のものに差し替え、何とか無事に定刻で終了できました。

そして、懇親会に参加させていただき、翌日は施設の見学をさせていただきました。

こちらのほうは、私も非常に勉強になりました。

豊かなホスピタリティーに本当に頭が下がる思いです。

天竜にて

本日は、某企業様の研修にて、天竜まで行って参ります。

元々一日の講座を5時間に詰めての研修なので、受講される方は大変かと思います。

今日の研修には、新たな発見を少し加えてみます。

どのような反応があるのか、少し楽しみです。

予定では後泊です。

明日の夕方には帰ってこれると思います。

その後、また別の仕事に出かけます。

皆様にとっても良い一日でありますように!

自戒

最近、つくづく思う事がある。

とても大切だがシンプルな事だ。

・感謝の気持ち。

・人を敬う気持ち。

・許す気持ち

・足るを知る。

・諦めない

・楽しむ

一つ一つはシンプルな事だが、これらの事がいかに大切かは歴史が証明している。

難しく考えるから難しくなる。

ただ純粋に感謝の気持ちと人の幸せを願う事の大切さを、社会経験の中で置き忘れてしまったようだ。

思えば、その気持ちがあったからこそ、トップセールスになり、チームマネージメントに結果がついてきたのだった。

初心忘れるべからず。

もう一度、シンプルに、現在の自分にできることで、人様の幸せに繋がる事に誠意一杯頑張りたいと思う。

松下幸之助氏は、ベッドの上からでもマネージメントはできると、おしゃった。

現在の自分の苦しい部分や、環境が悪いだのの愚痴は一切封印し、正しい言霊を発し、行動していきたいと思う。

毎朝、四時半に、繁華街の掃除をしているおじいさんがいる。

そこは、はっきりと言えば風俗街。

年齢を考えれば大変な事だと本当に頭が下がる。

挨拶をすれば、こんな若輩者にも満面の笑顔で挨拶をしてくれる。

等身大の愛の具現化をを毎日継続することが重要なのだ。

深く深く旨に刻み、一日一生の気持ちで生きて行きたいと強く思う。

ふと気がついたこと

つい最近、ネットサーフィンしている時に、どこかのサイトで、△は男、▽は女を表すという記事を見つけた。

神話関係のサイトだったと思うが、ブックマークしていないので、既に探せないのだが・・・

これはすごいことだなと思った。

なぜなら、この二つの記号が重なると六ぼう星になるからだ。

幼稚園の時、星を描きなさいと言われ、皆は、☆を描いたのだが、僕は、この六ぼう星(変換できませんでした^^;)を自然に描いた。幼稚園の先生は、非常に困惑した様子でこの記号は書かないほうがよいと教えてくれた。

まだ戦後意識の強い時だったからだと今思えば理解ができる。

陰陽師で知った人も多いかもしれないこの六ぼう星は西洋では魔方陣として伝承されていたりする。かごめともいわれる。

そして第二次世界大戦では悲劇の象徴になってしまったダビデの星である。

西洋・東洋を問わず、この記号がその神秘的なものにも登場するは偶然の一致とは思えない。

つまり、▽△は、陰と陽、月と太陽、対極の存在を表すのだが、これが一つになると、一つの完成体を意味してるのではないかと思った。

その六ぼう星の頂点を直線で結んだ時、正六角形が出現する。

この正六角形は、蜂の巣の元になるものでもあり、現在の工業にも応用されている。

マジカル7は有名だが、実は六という数字も意味があるのだと感じた。

このことで、男女はいがみ合うものではなく、協力していく中に本来の姿があるのだという確信を持つのに充分なものだ。

そして、感性トレンドでは七年周期をとっているのだが、その半分の3,5年で小幅な逆転現象が起こっている。ファッションなどには顕著に現れている。

この3・5年は月数に直すと42ヶ月=7×6なのである。

なぜ、7×6なのかがわからなかったのだが、六と言う数字は一つの完成体を現すのであれば、42ヶ月で変化があっても不思議ではない。

科学的に立証されるのは、まだ時間がかかるかもしれないが、マジカル7だけでなく、この6と言う数字も記憶にとどめておこうと思う。

世界最古の会社

とあるSNSにて、世界最古の会社は日本に存在し、歴史の長い会社の多くはそのほとんどが日本にあるということを知り、調査を開始してみた。

目的は、歴史ある会社の共通項を拾い出せば、現代のビジネスにも充分通用する法則があるに違いないと思った。
そしてそれはライフワークにもなるかもと思った。

早速、千年、働いてきました 野村進氏著 に出会った。

あ~既に研究済みかあ・・

既に13万部売れているらしい。

しかし、ここに感性というフィルターを通して分析している人はまだいない。

感性というフィルターを通した、歴史ある企業の分析。

興味ありませんか?

少し研究を進めてみます。

出揃った各カーオブザイヤー

日本カーオブザイヤー カーオブザイヤーカー HONDA FIT

RJCカーオブザイヤー カーオブザイヤーカー マツダ デミオ

あなたが選ぶカーオブザイヤー カーオブザイヤー NISSANN GT-R

欧州カーオブザイヤー カーオブザイヤーカー FIAT 500

今年のカーオブザイヤーはとても興味深い結果だと感じる。

2006年に感性トレンドでは、ロイヤル期に移行しているのだが、今年はその二年目。
昨年の選考結果は、?と感じるものもあったのだが、今年は概ね感性トレンド観点から見ても、トレンドを押さえている車が受賞しているからだ。

FITに関しては、このブログで以前、レポートした通りである。
GT-Rもモーターショーでのレポートで報告したとおりである。
デミオは、販売台数の増加に着目し、コラムを書こうとしていたのだが、文章に起こすことができなかった・・・・
書いておけばよかったと猛反省・・・・
FIAT500は、講演などでご紹介させていただいていたので、私のセミナーを受講された方はご存知だと思う。

もちろん、アウディーR8も部門賞にて入賞しています。

この一年間、感性トレンドの面から題材として使用させていただいた車が、こぞって大賞を受賞したというのは、なんだか嬉しい。

また、あなたが選ぶカーオブザイヤーは昨年から始まったもので、去年の投票者数は、約3000名だったと記憶しているのだが、今年は、19000人の一般の方が投票をされた。
WEB2.0時代のカーオブザイヤーとも言える。

GT-Rに関してはスカイラインの歴史なくしては、語れない。
その歴史に関しては言及されているブログは多数あるので、ここでは、詳細は語らないが、日本独自のブランドであることは、間違いない。

最新のマーケティングの勉強をされている方は、なぜ、スカイラインGT-Rがブランドであるかということに関しての説明は不要だと思われるので、割愛させていただく。

スカイラインの冠を廃し、NISSAN GT-R というブランドを世界のブランドにできるかどうかは、今後にかかっている。

諸経費コミで一千万の車の先行受注が2000台を越えているということなので、低迷を続ける日本の自動車販売に関わる方にはヒントになる事がたくさんあるだろう。

車の開発そのものもそうのなのだが、ティーザー活動が非常にユニークであった。

様々な要素が絡み合って、日本国内では成功したと言える。

感性トレンドの要素からは、アナログ・ハード期の先取りの車と私は分析しているのだが、今後の動向に注目せざるおえないのは確かだ。



12月1日 アカデミーア・ミネルヴァ 三期感性コミュニケーションコース 第二回

二日間のカリキュラムに変更したこのコースはこの日が最終回でした。

やっと皆様と打ち解ける事ができたら、もう卒業ということで、終了証をお渡しするのですが、名残惜しいものです。

この日のカリキュラムは

無理せず成長していこう!
感性トレンドの紹介

です。

ワークを通して女性脳の理解を深め、ビジネスに応用できるコミュニケーションスキルを身に付けて頂く時間と、感性トレンドを紹介させていただき、実際にそれを体感していただくわーくでした。

女性脳の時代。

女性が真の意味で女性らしく活躍していただきたいと本当に思います。

また企業もダイバシティに取り組まなければいけない現状で、女性の本来の活かし方を研究するべきです。

制度を整えるだけでは、片手落ちです。

女性が本来持っている能力を活かす仕組みができなければ、制度はあるんだけどね・・・と言う結果になると思います。

労働力減少の問題は、もう直面しています。

あぐらをかいている企業は必ずこけると思います。

感度の高い女性は自ら動き始めています。

優秀な人材が流出しない方が良いのは皆様ご理解頂けると思いますが、実際の打ち手に困っている経営者の方も多いのではないのでしょうか?

11月27日 某企業様研修

この日は某企業様の研修にて、福井県まで行って参りました。

名古屋から福井までは、電車では時間がかかるのですが、車だと今は高速道路が通っていて、二時間ほどで到着です。

企業様のホスピタリティーには感銘を受けました。

私に対してもそうですが、女性従業員に対しての管理職の方の敬意の払い方が、しっかりとしていて、非常に風通しの良い企業様であると感じました。

競争競争で、短期的な利益追求の負のスパイラルに陥っている企業との差が歴然と見られました。

この十年間で日本企業が失ったと言われる要素はたくさんあると思いますし、多くの識者の方がその指摘をされておられます。

多くの企業が、失ったと言われる要素を早く取り戻していただきたいものだと痛感いたしました。

本当の意味での道州制が上手く活用されたら、日本はまだまだ世界の競争力を保てると思います。

骨抜きにされたら、意味無いですが・・・

色々なことを学ぶ事ができた一日でした。

ありがとうございます。

11月17日 アカデミーア・ミネルヴァ 感性コミュニケーション三期第一回

今期から、平日の夜、二時間で六回、都合12時間のセミナーを、土曜日開催、六時間を二日間の都合12時間のセミナーへと変更し、実施させていただきました。

11名の5人のグループと、6人のグループでの開催です。

自発的に受講される方は、意識が高いので、毎回、私も勉強になります。

また、島二つくらいだと、皆様の質問にも一つずつ丁寧にお答えできますし、その人に合わせたアドバイスも可能になります。

受講生が多いと、一方通行になりがちなので、これくらいの人数の方が、僕のスタイルには合っているのかもしれません。

この日の内容は、

感性とは?
男女脳論
男性脳の特徴

でした。

1日の長丁場でしたが、皆様集中力途切れる事無く、ご参加頂き、本当にありがたいことです。

ありがとうございました。

11月16日 某商社様企業研修

この日は、某商社様にて、黒川伊保子氏の講演を受けて、ビジネスコミュニケーションのワークショップの講師を務めて参りました。

さすがに大手の商社様だけあって、研修を受講される方のレベルは非常に高く、受講生のレベルの合わせてのチューニングも非常に大切だと言う事がわかりました。

事前にて、心の揺れが制御できないなかでの、仕事でした。

結果は、皆様に充分なベネフィットを感じてもらえなかったようです。

プロである以上、どんな状態であっても、最大のベネフィットをユーザー様に感じていただけなければプロとしては失格だと思います。

自分にとってはよい経験となりました。

11月15日 わくわくマーケッター要請講座

この日は、六本木にて、小阪裕司氏のわくわくマーケッター養成講座の聴講でした。

内容は秘密です。

そして、少しだけ感性トレンドのキックオフ会に顔を出し明日に備えて早めに宿に帰りました。



ブログ内検索

検索したいキーワードを入力して検索をクリック!


プロフィール

岡田耕一

Author:岡田耕一
1963年愛知県名古屋市生まれ
東洋大学文学部印度哲学科卒業
自動車販売会社にて全国のトップセールスを経験
全国で一番若い営業所所長を経験
トップクラスの販売店実績をあげる
ユーザー向けの新規イベントの立ち上げを数多く経験
大前研一氏主宰のアッタカーズ・ビジネススクールの全講座を卒塾
黒川伊保子氏に師事
男女脳・語感・感性トレンドを研究
セミナー講師
執筆活動など幅広く活動中
著書に「なぜ、人は7年で飽きるのか」中経出版
(黒川伊保子氏との共著)
がある。

人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
応援ぽちっとよろしくお願いします^^


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。