A BASE ON WEB
感性アナリスト「岡田耕一」のWEB上の活動の基地局です。 感性アナリストとしての活動報告から日常の些細な事まで感性アナリストとしての目線から多くの情報を発信していくブログです。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


BMW135iクーペ Mスポーツ発表

今年のキーワードの一つに、本質という言葉を年初に挙げ、そのキーワードを持つ商品や事象などがあったら報告すると述べたが、自動車にも理解しやすいものが発表された。

「BMW135iクーペ Mスポーツ」である。

1シリーズのバリエーションである。

1シリーズとは、ワゴンタイプ(ハッチバックタイプ)の小ぶりなBMWと表現すれば、ご理解いただきやすいだろうか。

少しBMWの背景を紐解いてみたいと思う。

ドイツには、富裕層にうけるメルセデス・ベンツ、大衆車のフォルクス・ワーゲン、スポーツカーのポルシェが存在する。

その中でBMWは、高級感と走りを軸に商品開発をしてきたメーカーである。

そして、1シリーズはボトムモデルとして投入され、ライバルになるのはワーゲンなどである。

ハッチバックタイプで使い勝手がよいこのモデルはソフト期の車であるといえる。

そこに、BMW135iクーペ Mスポーツの発表である。

車の本質とは、走る・曲がる・止まるである。
そして、この要素はハード期に転換するとより顕著に現れるようになってくるだろう。

ソフト期の終盤において、同じ1シリーズでありながら、クーペ2ドアボディーを持ち、ハイパワー(306馬力/40.8kgm)エンジンを搭載している。

実用性よりも走り優先の車であることがよくわかる。

少し前に日本ではメーカー自主規制により、280馬力を上限としてきた。
このことからも、1シリーズの306馬力は、かなりのハイスペックといえるだろう。

当然、馬力だけ上げただけでは、ボディーもミッションも、そのパワーに耐える事ができない。

その辺りのことはきっちりとまとめられているはずである。

2ドアクーペというのも、使い勝手よりもボディー剛性を重視したからではないかと思う。

つまり、使い勝手重視の1シリーズに走りの本質を貫いたモデルを投入した事例になる。

デザインはきっちりとアナログデザインを周到している。

時代の風に上手く乗った車と言える。

今後の販売動向が楽しみな車の一台である。


スポンサーサイト

アカデミーア・ミネルヴァ 名古屋初開催

本日発刊の名古屋シティーリビング8ページ中段左側に、記事がUPされます。

東京で行われている、アカデミーア・ミネルヴァの「男女脳コミュニケーションコース」がいよいよ名古屋でも開催されます。

今回は、3月17日月曜日、午後七時~九時、の一コマ二時間の一日コースです。

東海地方にお住まいの方、東京開催は遠くて・・・というかたにお勧めです。

アカデミーア・ミネルヴァとは、女力をあげてビジネスシーンで女性が活躍できるように後押しをさせていただく活動を頑張っておられるところで、私も共感する部分が非常に多く、ご協力をご縁がありお手伝いをさせていただいております。

なぜ、共感しているのかは、ご参加いただいた方にはご理解をいただけるのではないかと思います。

初名古屋開催の「男女脳コミュニケーション特別講座」。

どんな方にお話をさせていただけるのか楽しみです。

お問い合わせ・お申し込みはこちらです。

リビングカルチャークラブ フリーコール 0120(396)228
               (月~金・AM10:00~PM6:00)



男女脳ビジネスコミュニケーションコース 第二回目

アカデミーア・ミネルヴァ主催の「男女脳ビジネスコミュニケーションコース 第二回目」が無事に終了いたしました。

今回は参加人数が少ない事も有り、個人個人の質問にも丁寧に対応ができました。

今回の内容は、ワークを通して女性脳の傾向を学ぶということと、感性トレンドのご紹介でした。

今回の受講生の方はつかみの能力の高い方が多いと感じていたのですが、発想ワークや感性トレンドの現在のトレンドを雑誌から読み取るワークでは、本当につかみの早い方が多いということに驚きました。

縁あって、話をさせていただいた皆様が、知識を知恵に昇華し、実際のビジネスシーンやプライベートシーンで活躍していただけると本当に嬉しいことだと思います。

皆様が活躍される事を心から願っております。

日経MJ次号から先読み

2月13日付け日経MJ新聞一面の次号はに分厚い時計人気との見出しがある。

分厚い時計をさりげなく見につける男性会社員が増えているとのこと。

感性トレンドのアナログ期を象徴する事象なので、本文が掲載される前にコメントしようと思う。

時計という商材は様々な要素が内包されている商品であるので、感性の軸が何本もある。
この分厚い時計は、その中でもデザインという軸で捉えるとすっきりする。

1999年からアナログ期に転換してから、時計など身に付けるものは、その存在感を主張するようになってきている。

コンタクトからめがねの流行。
帽子の流行。
アクセサリーの大型化。
ベルトのバックルの大型化。
車のエンブレムの立体化と大型化。

皆、同じ要素を持つ。

脳に響く複雑度が増すと言う事である。
平面よりも立体で複雑な形状のものが複雑なのである。
脳の中では物を認識するニューロンがより多く活性化しデザインを認識しているのだ。

ここに起因し、分厚い時計はお洒落に感じるのである。

デジタル期(1999年以前)の頃の時計は定番でデザインが変わらないものを除き、薄型のものが多かった。

カルティエの時計では、その変化がよくわかる。

さて、本文掲載の前に考察してみたが、どのような記事が掲載されるのか楽しみだ。


消費者と業界関係者との事故車の認識の違い

事故車とは事故をおこしたことのある車を指すと一般的には解釈されているのが現状であろう。

一般消費者と業界関係者との間には、この認識に乖離がある。

一般消費者にとって、どんな事故でも事故を起こし板金修理したものは事故車なのでは?と解釈する人が多いと思う。

業界関係者は事故車のことを修復歴有車と認識する。

この修復歴の定義がどんどん変わってきている。

これは、オークション関係の活発化に伴い、オークション会場の判断がばらばらではよろしくないので統一化が図られた結果、自動車の査定の胴元である、日本自動車査定協会も準じざるを得ないという市場が業界を変化させている好事例でもある。

まず、ボディーの外側を形成するパーツの板金は事故車にはならない。
人間でいうと着ている服が破れたから着替えたことに相当する。

ボディーの骨格を形成する部分を修復したものが事故車になるのだ。

このボディーを形成するパーツの中でもバルクヘッド(ボンネットを開けると、バンパーとエンジンルームの間にラジエーターがあるのだが、そのラジエーターの上にあるフェンダーとフェンダーをつなぐパーツ)の交換は事故車にならなくなっている。

つまり、追突をして、バンパーが取れ、ライトが割れて、ボンネットが曲がってしまったような事故でも、このバルクヘッドのみを交換してある車は事故車とならないのである。

交換でなくここを修復したものは、修復歴有りとなるところが、複雑なところである。

ドアの交換も事故車にならない。フェンダーの交換も事故車にならない。
が、リアフェンダーの交換は事故車になる。

一般の消費者がこの区別をつけるのは非常に難しい。

そこに目をつけ商売をするものもいる。

また海外では日本の中古車は非常に人気があるので、事故車であろうがお構いなしに売れている。

自動車業界の流通の仕組みが川下から変わっていくには消費者も知恵をつけなければならない。

日本の自動車業界は古い体質と新たな新興勢力の間には既に目に見えない戦争が始まっているのだ。

川上にたつメーカーはこの事実をどれだけ認識し、流通の仕組みの変化に耐えうる術を用意しているのかは私は知る由もない。

只、メーカーも流通に関わるものも消費者もそれぞれが納得し満足感が得られる流通の仕組みに正しく変化していってもらいたいと強く願う。

2月9日 アカデーミア・ミネルヴァ 男女脳ビジネスコミュニケーション講座第一回終了

2月9日に無事にアカデミーア・ミネルバ主催「男女脳ビジネスコミュニケーション講座」の第一回が終了した。

講座の趣旨は男女脳差に起因するコミュニケーションの特性の違いに気づき、ストレスを軽減し、本来の能力を引き出し、相手に効果的に目的を伝える(コミュニケーションスキルを身に付ける)というものである。

今回はアイスブレークの時間を少し長めに取り、新しいことを試してみた。
これは上手くいったようで、受講生の方々も本題にスムーズに移行できたと思う。

左脳活性のみの状態での受講は、本講座においては非常にマイナスになるので、よいスタートをきることができたと思う。

また、今期の受講生はつかみが早い。毎期、それぞれの特徴があり、優秀な方々が集まっていただいているだが、今期の特徴はつかみが早いと感じる。

このつかみが早いというのは、左脳だけでは不可能で、脳全体が活性していないとできないことなのである。

第一回は、感性・男女脳の特性・男性脳の特徴までで終了。
16日に第二回が行われ、女性脳の特徴をワークを通して実感していただき、その後、感性トレンドの紹介をさせていただく。

また、今回は参加者数がほどよく、ほぼ全員とコミュニケーションが取れるので、一方通行の講座でなく、オンデマンドでできるていることもプラスになっている。

今週末の講座が非常に楽しみだ。

自動車の販売動向は世相と経済を物語る?

前回は国内の販売動向を記したが、今回は、輸入車にスポットをあててみたい。

一月度の輸入車販売は対前年比5.6%増である。輸入車の販売実績はこれで九ヶ月連続で対前年比がプラスで推移している。

一月度のメーカー別販売台数順位を見ると面白い事に気がつく。

一位 フォルクス・ワーゲン
二位 メルセデス・ベンツ
三位 日産
四位 BMW
五位 アウディー

日産が三位なのである。

なぜ、日産が三位なの?というかたもいらっしゃるかもしれない。
これは、海外での現地生産車は、輸入車扱いとなるからである。
その中でも日産はSUVの販売が非常に好調であるということらしい。

一昔前なら、USアコードワゴンが逆輸入車として有名であった。セルシオにもレクサスがあった。これらが、日本のメーカーの造る車であっても輸入車として登録されているのである。

バイクの世界では、日本国内モデルでは馬力規制があるために、海外モデルを逆輸入して本来の馬力が出ているモデルが売れているという現象がおこっている。

ワーゲンが堅調な販売実績を保つ理由は、早くからビートル・ゴルフなど外車にしては故障も少なく値段も驚くほど高額でないことであろう。
安心と購入できる層が厚いということが上げられる。

実は、輸入車全体がプラスで推移しているわけではない。

一月度に対前年比プラスの数字を出しているメーカーは、アウディーとポルシェを代表に数社である。
新型車があるかないかは、販売動向に影響を与えるのは事実だが、このアウディーとポルシェはここ数年確実に販売台数を伸ばしている。

この二社に関する共通項は、感性トレンドの視点から見た、アナログデザインの秀逸さに起因していると私は判断している。

ポルシェは元々アナログデザインなのだが、1999年以降の販売動向の伸びは顕著に見られる。
またアウディーに関してはTTクーペ以降アナログデザインに顕著に変化した。これが牽引力になっていると思われる。

二強のメルセデス・ベンツもBMWも独自に感性の領域の研究を進め、販売者へのフィードバックが既に始まっている。

国内でもTOYOTAは、その研究に着手している。

自動車は工業製品としては、完成の領域に入っており、車種もユーザーに合わせて様々なものがラインアップされている。

先進工業国では二極化の問題。新興国では、モータリゼーションの真っ只中での問題。
その合間をぬって、顧客に響く車を販売していかなければいけないメーカー間の過当な競争はしばらく続くであろう。




バレンタインの販売動向 

今日、電車の中で、GIDIVAの新しい袋を持っている女性を見かけた。
他にもチョコレートが入っていそうな袋を持った女性が何名かいた。

この女性達は既にバレンタインの準備をしているのだろうか。

本命ならぎりぎりまで熟考するとおもわれるので、このチョコレートは下見に行ったときに、自分へのご褒美チョコを前倒しで購入したのかもしれない。

もしくは、義理チョコを早めに用意しているのかもしれない。

過去ログにてチョコレートの売れ行きはほぼ横ばいとしていたが、大切な視点を忘れていたので、少々修正したいと思う。

チョコレートの販売個数は、大幅ではないが増加傾向。
販売金額は、販売個数の伸びより増加傾向にある。

と予測する。

その背景は、感性トレンドのアナログ期第二期のロイヤル期で昨年からの気品を引きずる層と今年の本質のキーワードに反応するからだ。

どちらも、単価が高いはずである。
そして、本来の意味での義理人情の義理=お世話になっている人へのチョコレートが見直されるのではないかと予測する。

もちろん、本命とご褒美チョコの単価が高いのは言うまでもない。



自動車の販売動向は世相と経済を物語る?

一月の自動車販売台数動向は、3.7%の増であった。
成熟産業で、且つ長い間低迷を続けてきた中での3.7%増はかなり大きな数字だ。

特に伸びが目立つのは、HONDAの34.%である。
これは、新型FITの貢献が大きい。
新車登録台数でも40.6%の驚異的な数字を出している。
これは、12月のバックオーダーを消化してるからであろう。

自動車の販売台数の数字は、日本自動車販売教会連合会が、各ディーラーからの報告数字を元に算出する。

販売台数は契約書ベース。
登録台数は登録ベースの数字である。

自動車、契約してから、車庫証明を出したり、メーカーに発注したり、で納車までタイムラグが生じる。
輸入車に至っては、かなりの時間を要するものある。

さて、この現象の背景はなにがあるか?

これは、12月のボーナスがよかったからであろう。
基本給は押さえて、業績給に反映するというのが、現在の給与のスタンダードになっているからだ。

長い間、自動車の買い替えを我慢していた人たちが、一気に買い換えた為の瞬間最大風速なのではないかと思う。

また、ここ数年の自動車のデザインの変化は大きい。
これは、感性トレンドとの絡みをみれば、なぜ、ここ数年のデザインが大きく変わったのかは
よくわかる。乗っている車が、機械としては充分機能しているのにデザインが嫌になっているはずである。

また、懐が暖まれば消費が活性化し、経済がよくなるのは、誰でもわかる。

今後はどうなるかというと、安心できない。

現在、春闘の最中だと思われるが、労使協調路線になってから、会社側に有利なように妥結する組合が多いように思う。

となれば、現在の経済状況を考えれば、大幅なベースUPは望めず、業績給での反映がランディングであろう。

今年は様々な値上げが更に予測されることから、基本的な消費マインドは更に冷え込む可能性もある。世界経済の動向も気になるところだ。

新型FITのように、感性のレベルで満足できる商品は消費マインドに関係なく売れるであろうと思う。



航空機や宇宙旅行

ここ数日、宇宙旅行や航空機関連のニュースが多い。

これは、2012~2013のハード期の予兆が今年は現れる年であると何回かコラムに書いている。

この時期、高さに最も脳の潜在域が心地よさを感じる時になるのだが、その予兆の年にこれだけ、航空機や宇宙旅行の話が記事やニュースになっているのは偶然ではない。

特に今期のアナログ期においては、かつてのアナログ期に比べ、短軸索活性の時間が長い。すると、アナログ要素が反動で強くでることと、短軸索活性の時間が長いため、ビジネスでは、ハード期の傾向が予想より早く出る可能性もある。

予兆の年にしては、かなりの商材でこれらの現象が見ることができる。

年が明けてから本当に顕著に見られるこれらの現象。これからもチェックが必要だと思う。

HONDAを憂う

大きなお世話かもしれないが、HONDAを憂う。

新型FITの売れ行きは好調であるが全体的に見ると、黄色信号がいくつも灯っている。

HONDAは国産自動車メーカーの中で、自己資本のみで頑張っているメーカーである。その他の自己資本のメーカーはもちろんTOYOTAである。

現在、この二社しか自己資本で頑張っているメーカは残っていないのが現状である。

本田宗一郎氏の興した会社に黄色信号が見えるのは心が痛む。

新型FITが好調にも関わらず、12月の前年同期比自動車生産実績は▲5.7である。それに対し、日産は18.1である。

IR情報を見るとHONDAの稼ぎ頭はバイクであることがよくわかる。

国内でのシェアが大きいことと、新興国での需要があったからである。

しかし、ここにもかげりが見えてきている。新興国でのバイクの需要は増加しているにも関わらず、HONDAの伸びはここ数年横ばい。つまり、シェアを落としているということになる。

内訳を見てみると、2007年のバイクの50ccまでは、HONDAがほぼ独占状態であるのだが、それ以上の排気量においては、YAMAHAが圧倒的に強い。

1~12月の累計をみると、HONDAは▲20.3と異常な落ち込み方である。それに対し、カワサキは14.8と一気に輸出台数を伸ばしている。

大きな舵取りが必要とされているのではないのだろうか?

50ccのバイクの主力はカブであろう。過去の財産でなんとか頑張っているということである。

この現状を宗一郎氏が見たら、なんというだろうか。言葉の前に拳骨が飛んできてもおかしくない状況だ。

HONDAの正しきDNAを持つ人が勇気を持って大きな舵取りをし、不安をなくして欲しいと切に願う。





ブログ内検索

検索したいキーワードを入力して検索をクリック!


プロフィール

岡田耕一

Author:岡田耕一
1963年愛知県名古屋市生まれ
東洋大学文学部印度哲学科卒業
自動車販売会社にて全国のトップセールスを経験
全国で一番若い営業所所長を経験
トップクラスの販売店実績をあげる
ユーザー向けの新規イベントの立ち上げを数多く経験
大前研一氏主宰のアッタカーズ・ビジネススクールの全講座を卒塾
黒川伊保子氏に師事
男女脳・語感・感性トレンドを研究
セミナー講師
執筆活動など幅広く活動中
著書に「なぜ、人は7年で飽きるのか」中経出版
(黒川伊保子氏との共著)
がある。

人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
応援ぽちっとよろしくお願いします^^


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。