A BASE ON WEB
感性アナリスト「岡田耕一」のWEB上の活動の基地局です。 感性アナリストとしての活動報告から日常の些細な事まで感性アナリストとしての目線から多くの情報を発信していくブログです。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第一回 おもちゃ大賞

2008年6月20付けの日経MJ紙にて、「第一回 おもちゃ大賞」が、発表されていた。

日本玩具協会が話題性のある玩具を表象し、玩具開発者のモチベーションを高め、国内の玩具市場を活性化することが狙いとの事。

部門は、共有玩具、トレンディ・トイ、ハイターゲット・トイ、ベーシック・トイ、イノベーション・トイの5部門である。

その中で、注目するのは、バンダイの∞プチプチを代表とする∞シリーズだ。

この∞プチプチが発売されると聞いたとき、これは話題になると仲間内で会話をした。

バンダイの社風は自由度が高くアイディアを実現しやすい企業風土があると聞いたことがある。

そんなバンダイには、以前に社会現象を起こした「たまごっち」がある。
第一次ブームでは、国内で約2000万個を販売した実績を持つ。

さて、この∞プチプチは、紙面によると230万個の累計販売個数とのことである。

これを感性トレンドの視点からみてみよう。

かつてのたまごっちの大ブームはデジタル期最後のタームの現象で、一つのものに皆が同じ方向を向く時代の風がふいていた。空前の社会現象がおこる根っこの部分である。
そしてアナログ期の風がふき始めている時でもあり、丸いデザインや育てる行為や、何に育つかわからない(=意外性)などのアナログ的な要素が若いアナログ度の高い女子高生から火がついたのだ。

現在は、皆と同じという時代は去り、個性が心地よい時代になり、メガヒット商品が発生しにくい時代であるとも言える。

が、その中で、話題性があったのは事実として肌で感じている。

∞プチプチは、ぷちぷちをつぶす快感をいつでもどこでも無限に楽しめるという商品なのだが、最も注目すべき点は、通常のプチプチ音でなく、百回に一回の割合で、ぷちぷち音ではない、声やらが出てくるところである。

つまり、感性トレンドのアナログ期の一つのキーワードである意外性を持っているところにある。

どんな音や声が出るのか予測がつかないのである。

また、多色展開がされている。
さらに、様々なバリエーションがあり、自分だけの特別感をも満足させる。

そして、男女脳の観点からは、男性にとって、この百回に一回に必ず出る異音が出るというゴールが明確になっていることによって、百回プチプチを続けて意外性を楽しまなければ気がすまないという点を見事についている。

また、男性には、コレクションをする傾向があるのだが、はまった人はコンプリートを目指すだろう。

バンダイの自由な企業風土がなければ、こういった商品は産まれないだろうと思う。
そして、この商品を開発された方の感性の高さも素晴らしいと私は感じる。

スポンサーサイト

気になる身だしなみマナーに見る男女脳差

2008年6月20日の日経産業新聞24面に、気になる身だしなみマナーはという見出しで記事が載っている。

新聞折込求人紙の発行を手がけるアイデム社が、同社のビジネススクール受講者にビジネスマナーに関する意識調査(複数選択式)をした結果が記事になっている。(n数は不明)

質問内容は、異性の身だしなみで気になることについてである。

その結果、男性が最も気にするのは、メイクの濃さで、女性は口臭・体臭である。

以下に、その記事を元に

・気になる順番
・比率
・体のどの部位に属するか
・認識器官はどこか

の視点から一覧表を作成してみた。


    男性     認識器官    部位    比率
1 メイクの濃さ     目      顔      54.0%
2 香水・整髪料    鼻      全体    48.9%
3 髪型・髪の色    目      顔      45.7%
4 服のしわ汚れ    目      全体    40.8%
5 服の柄やバランス  目     全体     36.3%

    女性     認識器官    部位    比率
1 口臭・体臭      鼻      全体    59.7%
2 服のしわ・汚れ   目       全体   56.2%
3 ひげ・まゆ・鼻毛   目      顔     50.7%
4 頭や肩のふけ    目      全体    47.7%
5 煙草の臭い     鼻       全体   46.6%

これを感性アナリストの男女脳差の観点から解説してみたい。

先ずは、認識器官であるが、男性の一位のメイクの濃さは視覚情報である。それに対し、女性の口臭・体臭は、嗅覚情報である。
上位5位までの認識器官で見ても、男性は、二位の香水・整髪料が嗅覚情報のみで、他はすべて視覚情報である。

これは、どちらが優れているのかという話ではないのでご留意願いたい。

男性脳と女性脳の大きな違いは、主に脳梁と言われる部位の太さにある。男性が細く、女性が太いのである。このことによって、男性は左右の脳の情報が独立した情報と処理されるので、視覚からの情報に頼っている傾向にあることが理解できる。

右目の情報は左脳に左目の情報は右脳に投影され、視覚統合野という部位で初めて映像として認識されている。

情報が混ざりにくい男性脳は、女性よりもよりクリアな映像を見ていることになる。
そして、それが空間把握能力につながっている。

そのために、上位5位の認識器官は目であるという結果につながる。

しかも点型認識なので(全体の雰囲気をつかむということが苦手)、先ず顔からの情報を取っているということになる。

そして、全体的に比率が低いのが男性の傾向でもある。これは、男性は女性よりも鈍感であることをしめしている。その反面集中力は強い。

女性は、この男性の傾向と全く別の傾向を読み取る事ができる。

一位が口臭・体臭であり、この情報は嗅覚情報である。清潔感は男性以上にシビアに見ている。そして、視覚でなく、嗅覚の情報が上位であることも興味深い。視覚情報は、男性の方が優位なのだが、嗅覚に関しては、女性の方が優位である。
実際に上位5位に嗅覚情報によるものが男性よりも多い結果が出ている。

そして、つかみの能力は、右脳左脳が連携しているので、女性の方が優位であり、顔からの情報よりも全体からの情報で判断している傾向が現れている。

そして、解答比率は、女性の方が男性よりも高い数値をしめしている。

男性が思っている以上に女性は、清潔さに敏感で、特に臭いには充分注意することが必要である。
女性は自分がよいと思っているメイクや髪形もビジネスシーンにおいては、場違いになっていないかに留意する必要がある。





2008年上半期セルDVD・CDランキング

2008年の上半期ランキングが様々なところで散見できる時期になった。

今日は、セルDVDとシングルCD/アルバムCDのランキングをORIKON STYLEからの発表をお伝えし、その中から読める感性のことを記そう。

2008年上半期 

セルDVDランキング

?トランスフォーマー
?パイレーツオブカリビアン・:ワールドエンド
?47
?エヴァンゲリヲン新劇場版・序
?バイオハザード?

シングルCDランキング

?そばにいるね 青山テルマ
?DON’T U EVER STOP KAT-TUN
?LIPS KAT-TUN
?羞恥心 羞恥心
?Step and Go  嵐

アルバムCDランキング

?EXILE LOVE EXILE
?5296 コブクロ
?EXILE CATCHY BEST
?HEART STATION
?AND I LOVE YOU

以上。

今回は、感性トレンドの観点からでなく男女脳の視点から面白い事が見える。

CDの上位に入る楽曲は女性に支持されている。
DVDの上位に入る作品は男性に支持されている。

トランスフォーマーに関しては、まだ発売前にも関わらず、既に予約のみで上半期の一位を獲得している。

さて、男女脳差の視点から、これを解説してみよう。

男性の脳は女性に比べ、主な部位では脳梁が細いことが確認されている。
そのために、空間認識能力に長けている。
つまり、目からの情報には男性は敏感なのである。

これが、DVDの方が、女性よりも男性に人気の高いDVDが上位に入る要因ではないかと考える。

女性は、目からの情報入力が男性よりも劣位にあるというより、脳梁が太い事により、並行処理が得意である。

つまり、音楽を聴きながら、何かをしている姿が目に浮かぶ。

詳しく説明すると長くなるので、この辺りで・・・・・

こんなところにも男女脳差が現れているのですねということをお伝えしたかったのです。






ヤマダ電機 中古車買取参入

以前、ヤマダ電機が新車販売に進出した事をこのブログでも取上げた。

今度は、中古車買取に参入とのことである。

これは、いよいよ本格的に自動車の流通機構が変わる可能性が高くなってきたと感じる。

中古車買取の大手は、もちろんガリバーである。ガリバーは独自のシンクタンクを持ち、更には査定システムの特許も取得している。

全国展開されていて、買取額が高い=中古車が集まる。
この中古車が集まる図式は非常に強みになる。

なぜなら、中古車販売をするものは、どこからか仕入れをしなければならない。
現在はオークションが主流となっている。
そのコストを削減できる。

そして、日本の中古車は、海外での評価が非常に高い。
日本国内の中古車販売という枠を超えてのグローバルな展開が可能である。

つまり、ローコストで仕入れることが出来るガリバーは、グローバルに商売を展開できるというこである。
おそらく新車ディーラー権を欲しがっていると推測する。

これに関しては、国内メーカーの力が強く、簡単にはディーラー権は取得できないはずだが、外車なら可能であろう。

また、日本の新車販売会社でも複数の国産メーカーとディーラー契約をしたところがあると聞く。

これまでの構図が変わってきているのだ。

そこに、全メーカーを扱う事ができ、一件一件、ディーラーをまわらなくてもよいワンストップでの購入形態をリアル店舗で実現しているヤマダ電機が、中古車の買取に参入した意義は大きい。

日本の自動車販売の形態が大きく変わる可能性がある。

業界関係者の方は、未来を見れるものだけが生き残れる覚悟が必要かもしれない。

プラス 【ホワイパーパル】

6月18日の日経MJ新聞6面「ヒットのヒミツ」でとりあげられた商品。
【ホワイパーパル】

修正テープは、年間100万個売れればヒットとされるが、この商品は既に200万個を越えそうな勢いで売れているとのこと。

この商品は非常に秀逸だと感じる。

それは、感性の面・理性の面。この両軸から納得できる商品であるからである。

私のブログでは、主に感性に特化しその部分での解説を主としてきたが、けして理性を否定しているわけでもなく、既存のマーケティングを否定しているわけではない。

一番強いのは、このような理性の軸でも、感性の軸でも、消費者が惹かれるものが一番強いと思っている。

握りやすい形状・滑らかな使い心地・誰が使っても筆圧に応じて最適な圧力をかける工夫。
これらは、理性の部分を刺激する。

感性の部分では、多色・曲線・時代の先取りである細身。
これらが、感性の部分を刺激する。

この商品は、通販でなく店頭販売で実績を上げている。

つまり、買い物に来た人にはこんなことがおきているはずである。

歩いていて、ふと目にとまる(感性)

手に取り、説明を読む(理性)

値段を見る(理性)

購入(理性)

多くの商品は、このような買い方をされるのではないか?

感性・理性、どちらも大切な事である。
どちらも押さえたものがヒットする確立がたかくなる。

只、商品や購買層によって、この購買形態が変わってくる。

これも感性・理性の両軸で構築できる。

また、商品によっては、感性のみで売れるものもある。
逆に、理性のみで売れるものもある。

それらを押さえれば、大きな失敗は防ぐ事が可能だ。

理性に訴えるマーケティングは、皆が学んでいる事が多い。そして、学習商材も講習も豊富である。書籍も山のようにある。

しかし、感性に訴えるマーケティング手法を、説いたものは、それらに比べてまだまだ少ない。
それでも5年前に比べればずいぶんと増えたのも事実である。

あなたは、どんな手法を使って、ビジネスを成功させますか?



2008年上期ヒット商品番付

6月28日の日経MJ新聞にて、2008年上期ヒット商品番付が発表された。

東の横綱は「PB食品」西の横綱は「糖質・糖類ゼロ」である。

一位になっているものは、正確には商品群であり、単一ヒット商品ではない。

この中で注目したのは、青山テルマの「そばにいるね」である。
楽曲の購買形態は、ネット社会の成熟に伴い劇的に変化した。

かつてCDが楽曲の商品形態であったころは、300万枚をこえれば、スーパーメガヒットである。
この曲のダウンロード数は、720万件を越えているとのこと。

感性トレンドの視点からは面白いものがランクインしている。

ミルクシーフードヌードル。
これは、意外性や複雑性が心地よく感じるアナログ期ならではのヒットといえる。

過去、メルマガやこのブログで取上げたものでは、アウトレットモール・Wii FIT・絶品チーズバーガー・おばかキャラなどがランクインしている。

さて、最近、仕掛けを考えている人にとって、頭の痛い問題があるのではないだろうか?

かつてのようなメガヒットが、ここ数年ない・・・・

そのように感じているクリエイターの方やプランナーの方、デザイナーの方、プロデューサーの方は以外と多いのでは?

これは、皆が同じものを目指し競争をするデジタル期の特徴が現れず、手間隙をかけた物や自分だけのオリジナルや意外性などが心地よく感じるアナログ期だからだ。

しかし、この現象も後数年で展開が変わると私は読んでいる。
その兆候は、今年様々なところで見られている。

それらの兆候の共通要素をつかんでおけば、機たるべき時にブレイクするものを上市できることになる。

とはいっても、基本はアナログ期なので、大きなヒット商品に皆が殺到し、それを持っていないと恥ずかしいという現象は、まだまだ少し時間が必要である。

逆に言えば、小資本でもアイディアのみで大成功をする種をつかむことができる時代でもある。



デジアナ・コンパス公開のお知らせ

デジアナコンパスを公開します。

まだ開発段階ですが、一般公開に先立ち、ご縁のある方々に使っていただこうと思い、先行公開の告知です。

名前からその人の持つ、デジアナ度を判定します。

デジアナ度とは、デジタル・アナログ度の略です。

デジタル度とは、男性的傾向です。
アナログ度とは、女性的傾向です。

どちらが良い悪いでは、ありません。

女性の方で、ご結婚されている方は、旧姓で入力してください。

言霊という言葉があるように、言葉には力があります。

ありがとうの言葉がなぜ幸福をもたらすのか・・・・

それは、「あ」という母音から始まっているからなのですが、誤解があるといけませんので、詳しい説明は、ここでは割愛させていただきます。

デジアナコンパスHP上にて、アナウンスさせていただいておりますが、近日中に恋愛コンテンツになります。

楽しみにお待ちください。

そして、そして、さらに面白いものに変化していきます。

そんな過程も一緒に楽しみながら見守っていただければ幸いです。



それまで、ご自身や気になる人のデジアナ度を確認して、遊んでいただければと思います。

デジアナコンパスはこちらです

http://da-compass.com/

【感性トレンド・ニュースレター】の配信 受付開始のおしらせ

【感性トレンド・ニュースレター】の配信 受付開始を開始いたしました。

内容は、ブログやメルマガなどのオープンソースでは、お話できない、より深い考察や感性トレンドをはずしてしまった事例などをお伝えしたいと思います。

そのために会員制をとらさせていただきます。

会員といっても会費・申込金など、一切かかりません。

方法は紙媒体でなくメールでの配信となります。

配信スタートを楽しみにしていただけると嬉しいです。

お申し込みはこちらからお願いいたします。

http://www.kansei-trend.jp/newsrequest_form2.html

会員様になっていただけた、あなた様だけの裏感性トレンド情報を楽しみにお待ちくださいませ。



宇多田ヒカル HEART STATION

先日のブログで、宇多田ヒカルのアルバムCD「HEART STATION」が、連続チャートインしていると書いた。

ちょっと数字を拾ってみた。

出所はオリコンである。

3月5週 480081枚 1位
4月1週 135857枚 2位
   2週  59935枚  7位
   3週  41792枚  3位
   4週  40539枚  6位
5月1週  30226枚  7位
   2週  29905枚  6位
  3週  23581枚  4位
   4週  25138枚  4位
6月1週  24069枚 7位

推定合計販売枚数 891.123枚である。

このペースで行くと、今月末か来月早々、遅くとも中盤にはミリオンを達成しそうである。

ベストアルバムでもなく、一般のアルバムだ。
しかも、PVのDVDとのセット販売ではない。

多様な曲の買い方がある現在、これはヒットといってよいだろう。

ヒット要因は、前回の分析のとおりである。

彼女は、今期のアナログ期に転換した時に、彗星のごとく歌姫に登り詰めた。

その後、結婚をし、またアメリカ進出などの試みは成功とはいえなかった。

このアルバムによって、彼女は返り咲いたといえるだろう。

また、彼女のPVも素晴らしいものが多い。

いずれ、PVが発売されると思うが、こちらも要チェックである。

特に、トレンドを追わなければならない業種の人にとっては、参考になる商品になるはずである。



スヌーピー男の着こなし

6月4日付けの日経MJ新聞の最終ページにて、スヌーピー男の着こなしという大きな見出しがついている。

スヌーピーのイラストの入ったジャケットなどが、20代~40代の男性にも、かなり売れているとのこと。

その中でも、感性アナリストの視点から気になるのは、2005年から、1950年代からのキャラクターデザインも解禁されたという点である。

感性トレンドの視点から見ると、前期のアナログ期のデザインが、今期のアナログ期に心地よく感じるのは、当然といえば当然のことになる。

いよいよアナログピークを迎えているなと感じる。

ピークを迎えるということは、山を越える地点が近くにせまっているということである。

いつ、上市をするのか?また、商品の寿命をどう計算するか?この辺りを感性トレンドを参考にされるとリスクヘッジにもなる。



自動車の販売動向は世相と経済を物語る?

五月の自動車販売の速報によると、新車販売台数は、調査をはじめた1968年以降、三番目に低い水準であると発表された。

大きな要因は、暫定税率の問題で取得税が下がったことによる4月の特需の反動であろう。

それだけ、国民は値段の上がり下がりに敏感になっているといえる。

が、その中でもダイハツは、対前年同月比を上まわり、5月単月ではスズキを抜いた。これは、販売網と商品ラインナップの差が現れてきたからであろう。

また、登録台数では、ホンダが対前年比をクリアしている。FITの牽引力が強いためだ。

そして、普通車=3ナンバーも対前年比を登録台数ではクリアしている。

所得の二極化により、真の富裕層には取得税の2%は、あまり関係ないということなのだろうか。

昨今の若者の車離れが深刻だと言われているが、都心部では車は必要ないかもしれないが、そうでない地域も多いはずである。

ロストジェネレーションと呼ばれる世代は、就職も厳しく、アルバイトや派遣でしのいでいる人のことを考慮すると、欲しくても購入できないが真相のような気がする。

2007年問題以降、就職に関しては大きく風向きが変わった。

本当に、若者が車に興味をなくしたのかどうかは、これからの動向を見てみる必要があるのではないかと思う。

関西メークと関東メーク

5月28日付けの16面=最終ページに、関東と関西ではメークが違うとの記事が掲載されていた。

関東の女性は洗練。関西の女性は華麗。と表現されている。

個人差があるものの、たしかにメイクだけでなく服装にも違いがあると感じる。

私は、現在、名古屋を拠点に活動しているが、名古屋もまた独自のものをもっている。

記事の中では、関西の源流は、京文化のはんなりに根源があるとし、関東の源流は江戸の粋を源流としている。

感性アナリストの視点で、この現象を解読すると、デジアナ度の違いによるものであるといえるだろう。

先ずは、使っている言語では、関西圏の方がアナログ度が高い。
関東圏は、使用言語のアナログ度が相対的に低い事と、地方から出てきた人であっても、毎日のビジネスにおいて、デジタル傾向になる時間が長いのも要素になるのではないかと推測する。

関西のビジネス・関東のビジネス・それぞれ特徴があるとよく言われるが、それとも無関係ではない。

また、名古屋も独自の商圏が存在し、名古屋で通用する商売人は、全国のどこでも通用するとも言われている。

名古屋のファッション・メイクは、どうかといえば、アナログ度が高い。

男性であっても、鬼盛りという髪型が存在する。高さが強調される髪形である。

環境的なものや、歴史的な背景が影響するのも事実であるが、使用言語が脳に与える影響も多大なものである。

感性アナリストは、語感・男女脳差・感性トレンドを三つの柱として、分析をする。

このメイクの差は、使用言語の影響がかなり大きいのではないかと思う。


メルマガで取上げた商品が一位二位を独占 そして宇多田ひかる

手前味噌で恐縮なのだが、私が配信しているメルマガにて成功要因を紐解いた商品が、一位と二位にランキングされた。

セルDVDでのランキングである。

5月30日付けの日経MJ紙のランキングの結果である。

一位が「続・オールウェイズ三丁目の夕日」、二位が「エヴァンゲリヲン新劇場版・序」である。

バックナンバー

レンタルでの順位よりも上位である。

これは、それだけ手元において置きたい人が多いということを表している。

エヴァンゲリヲンに関しては、趣味性が高いのでこのような結果になりがちではあるが、一般のセルDVDを差し押さえての第二位であることは、まぎれもない事実である。

また、アルバムCDで気になるものがある。

それは、2008年3月にリリースされたアルバムであるのだが、いまだにトップテンに入っている。いまや、CDを購入しなくても気に入った曲だけを単品でDL出来る時代である。

その、アルバムとは宇多田ひかるの「HEART STATION」である。

このアルバムの印象は、初期のアルバムの彼女の良さに深さと広がりを感じる。
いわば、原点回帰のキーワードが当てはまるかもしれない。

彼女はJ・POPに分類されるが、R&B系であると思う。

R&Bは、テクノ系やユーロビートなどのデジタル系の音楽というよりは、アナログ系の音楽である。
そして、詩も非常にヒューマンなアナログ的な要素を感じる。

このアルバムは、ロングセーラーとなり、年間チャートでは上位に食い込む可能性があると感じる。



お詫び

六月三日配信のメルマガにて、リンクが正しく機能しない表示になっておりました。

大変ご迷惑をおかけいたしました。

申し訳ございません。

クロックス携帯ケースは、こちらです。

クロックス携帯ケース

以後、このようなことなの無いように充分に注意いたします。



ブログ内検索

検索したいキーワードを入力して検索をクリック!


プロフィール

岡田耕一

Author:岡田耕一
1963年愛知県名古屋市生まれ
東洋大学文学部印度哲学科卒業
自動車販売会社にて全国のトップセールスを経験
全国で一番若い営業所所長を経験
トップクラスの販売店実績をあげる
ユーザー向けの新規イベントの立ち上げを数多く経験
大前研一氏主宰のアッタカーズ・ビジネススクールの全講座を卒塾
黒川伊保子氏に師事
男女脳・語感・感性トレンドを研究
セミナー講師
執筆活動など幅広く活動中
著書に「なぜ、人は7年で飽きるのか」中経出版
(黒川伊保子氏との共著)
がある。

人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
応援ぽちっとよろしくお願いします^^


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。