A BASE ON WEB
感性アナリスト「岡田耕一」のWEB上の活動の基地局です。 感性アナリストとしての活動報告から日常の些細な事まで感性アナリストとしての目線から多くの情報を発信していくブログです。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


本質の時代の渋谷109

日経産業新聞4月16日5面に原体験への回帰という記事が載っている。

原体験は非常に大切で、五木寛之氏の「人間の関係」から、心と自分の時代へと入っているところから記事を展開されている。

心と自分というのはアナログ期の一つのキーワードになるので、ここ一年二年の短いスパンで終わる事のないキーワードになるのだが、そのキーワードから、食育・農育を経て自分で作ることまで遡り原体験をすることが大切だと話を続け、最後には渋谷の109が原点回帰しているということで結ばれている。

渋谷の109の顧客の平均年齢が毎年、0.5~0.8歳ずつ上昇してきており、それをギャルのメッカとして回帰するために10代ブランドの再構築中とのことである。

最初に109の顧客となったギャルも当然、一年一年、歳を重ねギャルを卒業し社会人へとなっていく。アンケートなどの分析手法と顧客志向は、当然109のギャルの聖地という軸がぶれてくる。

今年のキーワードは本質である。類似語として原点回帰もこのブログにて発信したが、文字通り原点回帰を109が現在おこなっているということになる。

企業やブランドにとって、軸をぶらさないことは大変重要なことであるが、顧客志向の強いソフト期においては、この間違いに陥りやすい。

その結果、業績を下げてしまう企業が多いのも事実である。

109はさすがにファッションのしかも最も感性の高い世代を顧客にしてきただけのことはある。

この本質の時代に、きっちりと自らのブランドの軸を見直し軌道修正をしているということになる。

109の今後の動向も要チェックだ。

感性とは学ばなくても行動に移す事が出来る人がいる。

しかし、感性を学ぶ事によって、それらの一部の感性のアンテナの高い人と同じ方向を見ることができる。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




ブログ内検索

検索したいキーワードを入力して検索をクリック!


プロフィール

岡田耕一

Author:岡田耕一
1963年愛知県名古屋市生まれ
東洋大学文学部印度哲学科卒業
自動車販売会社にて全国のトップセールスを経験
全国で一番若い営業所所長を経験
トップクラスの販売店実績をあげる
ユーザー向けの新規イベントの立ち上げを数多く経験
大前研一氏主宰のアッタカーズ・ビジネススクールの全講座を卒塾
黒川伊保子氏に師事
男女脳・語感・感性トレンドを研究
セミナー講師
執筆活動など幅広く活動中
著書に「なぜ、人は7年で飽きるのか」中経出版
(黒川伊保子氏との共著)
がある。

人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
応援ぽちっとよろしくお願いします^^


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。