A BASE ON WEB
感性アナリスト「岡田耕一」のWEB上の活動の基地局です。 感性アナリストとしての活動報告から日常の些細な事まで感性アナリストとしての目線から多くの情報を発信していくブログです。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ヤマダ電機 中古車買取参入

以前、ヤマダ電機が新車販売に進出した事をこのブログでも取上げた。

今度は、中古車買取に参入とのことである。

これは、いよいよ本格的に自動車の流通機構が変わる可能性が高くなってきたと感じる。

中古車買取の大手は、もちろんガリバーである。ガリバーは独自のシンクタンクを持ち、更には査定システムの特許も取得している。

全国展開されていて、買取額が高い=中古車が集まる。
この中古車が集まる図式は非常に強みになる。

なぜなら、中古車販売をするものは、どこからか仕入れをしなければならない。
現在はオークションが主流となっている。
そのコストを削減できる。

そして、日本の中古車は、海外での評価が非常に高い。
日本国内の中古車販売という枠を超えてのグローバルな展開が可能である。

つまり、ローコストで仕入れることが出来るガリバーは、グローバルに商売を展開できるというこである。
おそらく新車ディーラー権を欲しがっていると推測する。

これに関しては、国内メーカーの力が強く、簡単にはディーラー権は取得できないはずだが、外車なら可能であろう。

また、日本の新車販売会社でも複数の国産メーカーとディーラー契約をしたところがあると聞く。

これまでの構図が変わってきているのだ。

そこに、全メーカーを扱う事ができ、一件一件、ディーラーをまわらなくてもよいワンストップでの購入形態をリアル店舗で実現しているヤマダ電機が、中古車の買取に参入した意義は大きい。

日本の自動車販売の形態が大きく変わる可能性がある。

業界関係者の方は、未来を見れるものだけが生き残れる覚悟が必要かもしれない。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




ブログ内検索

検索したいキーワードを入力して検索をクリック!


プロフィール

岡田耕一

Author:岡田耕一
1963年愛知県名古屋市生まれ
東洋大学文学部印度哲学科卒業
自動車販売会社にて全国のトップセールスを経験
全国で一番若い営業所所長を経験
トップクラスの販売店実績をあげる
ユーザー向けの新規イベントの立ち上げを数多く経験
大前研一氏主宰のアッタカーズ・ビジネススクールの全講座を卒塾
黒川伊保子氏に師事
男女脳・語感・感性トレンドを研究
セミナー講師
執筆活動など幅広く活動中
著書に「なぜ、人は7年で飽きるのか」中経出版
(黒川伊保子氏との共著)
がある。

人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
応援ぽちっとよろしくお願いします^^


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。