A BASE ON WEB
感性アナリスト「岡田耕一」のWEB上の活動の基地局です。 感性アナリストとしての活動報告から日常の些細な事まで感性アナリストとしての目線から多くの情報を発信していくブログです。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スターウォーズのUSBハブ

7月4日の日経MJ新聞にて、スターウォーズのUSBハブが19日発売との記事を発見。

高さ15センチで、USBジャックを差し込むと顔が回転し目が光り、呼吸音が流れる。

値段は7140円。

R2D2版もあるとのこと。

他にもUSBで面白いものは、綾波レイのものがあったりする。

これは、普通にキャラクター商品の展開なのでは?という方がほとんどであろう。

では、なぜ今、このようなキャラクター商品が売れるのか明確に説明が出来る人はどのくらいいるのだろう・・・・・

似たものとしては、以前ブログで取上げた、シャア専用携帯や、キャラクターデザインのバイク用ヘルメットなどがある。

これは、ハード期の理屈抜きでかっこいい商品の卵たちなのである。

ハード期にもうすぐ転換するのだが、その芽が既に芽生えているのである。

例えば、解り易く例を上げれば、現在の女性の髪型はふっくらとした高さを持たすのが流行している。
お団子ヘアーの大きさは、でかい!

この兆し、1999年以前に少しずつ見られていたことを思い出せるだろうか?

この頃から、若い女性が頭に小さなお団子を作り始めていた。

最初の兆しは、本当に小さな所から現れる。

が、やがて大きく顕著な現象になっていく。

このダーズベイダーのUSBハブを冷静に、機能と価格を考えたら購入しないはずだ。

しかもでかくて邪魔である。

キャラクターに魅入られた人が、かっこいいと感じる商品である。

その人たちにとっては、けして高くはない。

官能性商品群でもある。

ハード期に転換した時、これらの意味無くかっこいいものは、性能を伴うようになってくる。

その時代の転換点は2012~2013年。

既に様々な分野で散見できるハード期の予兆。

ヒントはたくさん市場にあふれている。

波に乗るのか、乗り遅れるのか。

考えている間にブームは終わる。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




ブログ内検索

検索したいキーワードを入力して検索をクリック!


プロフィール

岡田耕一

Author:岡田耕一
1963年愛知県名古屋市生まれ
東洋大学文学部印度哲学科卒業
自動車販売会社にて全国のトップセールスを経験
全国で一番若い営業所所長を経験
トップクラスの販売店実績をあげる
ユーザー向けの新規イベントの立ち上げを数多く経験
大前研一氏主宰のアッタカーズ・ビジネススクールの全講座を卒塾
黒川伊保子氏に師事
男女脳・語感・感性トレンドを研究
セミナー講師
執筆活動など幅広く活動中
著書に「なぜ、人は7年で飽きるのか」中経出版
(黒川伊保子氏との共著)
がある。

人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
応援ぽちっとよろしくお願いします^^


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。