A BASE ON WEB
感性アナリスト「岡田耕一」のWEB上の活動の基地局です。 感性アナリストとしての活動報告から日常の些細な事まで感性アナリストとしての目線から多くの情報を発信していくブログです。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


インディージョーンズとナショナル・トレジャー

この夏、あの名作の続編、インディージョンズの4作目が公開された。
公開中のデータを見ていると、それほどの大きなヒットとはいえないように感じる。

宝物を探すという映画ではナショナル・トレジャーの興行成績は、第一作目が非常に評判で、続編へと続く結果となった。

この同じ宝物を探すという題材を描くにしても、実は大きな違いがある。

インディージョンーズの作品はデジタル期の描き方である。
遠くへアドベンチャーが基本になっている。この遠くに行くというのはデジタル期の一つの特徴である。

それに対し、ナショナル・トレジャーは国内にある隠された暗号をつなげて、お宝を探すという描き方である。

なにかのヒントを見つけたら、次のヒントにすぎなかったり、やっとありかを探したら、既になくなっていたり。
大統領を誘拐するなど、ありえない紆余曲折も見られる。

この遠くへいかずに、国内で探すということ、またその国内は、歴史や伝統のある建物に隠されていることが多い。

これらの要素は現代のアナログ期の要素を刺激する。

これが、ナショナル・トレジャーの成功要因といえる。

それに対し、インディージョーンズシリーズは、遠くへ遠くへと冒険を続けるデジタル期に受ける作品内容になっているのである。

だから、アナログ期に転換した現代において、インディージョンーズをそのままの続編として描いても大ヒットにならないのである。

この辺りの描き方をうまく使い分けたのが、スターウォーズシリーズだ。

このスターウォーズの分析は、メルマガで詳細をお伝えしようと思う。

メルマガの申し込みはこちらです。

http://analystkansei.blog73.fc2.com/category7-1.html
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




ブログ内検索

検索したいキーワードを入力して検索をクリック!


プロフィール

岡田耕一

Author:岡田耕一
1963年愛知県名古屋市生まれ
東洋大学文学部印度哲学科卒業
自動車販売会社にて全国のトップセールスを経験
全国で一番若い営業所所長を経験
トップクラスの販売店実績をあげる
ユーザー向けの新規イベントの立ち上げを数多く経験
大前研一氏主宰のアッタカーズ・ビジネススクールの全講座を卒塾
黒川伊保子氏に師事
男女脳・語感・感性トレンドを研究
セミナー講師
執筆活動など幅広く活動中
著書に「なぜ、人は7年で飽きるのか」中経出版
(黒川伊保子氏との共著)
がある。

人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
応援ぽちっとよろしくお願いします^^


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。