A BASE ON WEB
感性アナリスト「岡田耕一」のWEB上の活動の基地局です。 感性アナリストとしての活動報告から日常の些細な事まで感性アナリストとしての目線から多くの情報を発信していくブログです。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


H&M ブログ版

先日、感性トレンドの視点からH&Mをメルマガにて取上げた。

その後、実際に見てみなきゃということで、行って参りました。

まあまあ、メルマガにて解読したように、現在の所は、未だに行列が出来てる状況である。

しかし、シビアに見ていくと、このままでは、この流行は長くは続かないと感じる。

なぜなら、デザインは非常に秀逸であるのだが、素材にチープ感が残ってしまっている。

時代は、伝統や本物志向へとシフトしてきている。

経済の動向も影響するので、断言は難しいところだが、このままの戦略では、ヨーロッパでの勢いを日本で続けるのは難しいかも。

しかし、企業格付けランキングで、初登場があのグーグルよりも上位であったという事実は事実である。

日本のマーケットは、やはり特殊なようだ。

携帯電話の世界では、日本の携帯電話のマーケットは、ガラパゴスだといわれているそうだ。

つまり、独自の進化を遂げているという事。

しかしながら、それゆえに、最先端の携帯に関わる方が日本にきて開発に関わっているという事実もある。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

昨日の2次会の待ち時間でお話させてもらった藤森です。岡田さんの「秘密の引き出し」を僕なりに早速チャレンジしてみました。といっても僕にはそんな引き出しはまだ無いのですが。"忘れる勇気"というか、思い切って別のことを始めるてみると、頭がすっきりして、何か活路を見出せる感じがしてきたかも!?さてさて僕には"秘密の引き出し"があるのかないのか。

PS:次の書籍の発表を楽しみにしてます。これからもがんばってください。
【2008/11/09 13:33】 URL | fujimori #-[ 編集]

藤森さま

早速の書き込みをありがとうございます!

秘密の引き出しは、皆、平等にもっているものです^^

自転車に乗るのに、少し時間が必要ですが、皆普通に乗れるようになれます。

そんなかんじです。

意識していると出来るようになりますよ^^

応援をありがとうございます!

頑張ってしあげますね^^
【2008/11/10 19:52】 URL | ななしさん #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




ブログ内検索

検索したいキーワードを入力して検索をクリック!


プロフィール

岡田耕一

Author:岡田耕一
1963年愛知県名古屋市生まれ
東洋大学文学部印度哲学科卒業
自動車販売会社にて全国のトップセールスを経験
全国で一番若い営業所所長を経験
トップクラスの販売店実績をあげる
ユーザー向けの新規イベントの立ち上げを数多く経験
大前研一氏主宰のアッタカーズ・ビジネススクールの全講座を卒塾
黒川伊保子氏に師事
男女脳・語感・感性トレンドを研究
セミナー講師
執筆活動など幅広く活動中
著書に「なぜ、人は7年で飽きるのか」中経出版
(黒川伊保子氏との共著)
がある。

人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
応援ぽちっとよろしくお願いします^^


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。