A BASE ON WEB
感性アナリスト「岡田耕一」のWEB上の活動の基地局です。 感性アナリストとしての活動報告から日常の些細な事まで感性アナリストとしての目線から多くの情報を発信していくブログです。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バイク運転で脳活性

2009年3月5日の日経産業新聞、11面先端技術欄にて、バイク運転と脳の活性化についての相関の記事が掲載されている。

東北大学とヤマハ発動機の共同開発によるものだ。

バイクの運転中は、大脳の前頭前野が活性化し、ストレス軽減にも効果があるとのこと。

東北大学、川島教授によると、バイクはバランスをとりながら運転するために、緊張感が高く、前頭前野が活性化するのだろうと結んでいる。

この記事を読んでぴんときた。

バイクは、バランスで乗るものである。
そして、常に緊張感を伴う。

バランスをとるとは、そもそもどういうことか?

地球の引力の中心点にバイクの物理的運動の補正を脳が常にかけていなければ乗れないことになる。

これは、センサーとしての脳がかなり働き、脳の運動をつかさどる部分と思考の部分に影響を与えていることになる。

つまり、長軸策リンクの活性。

そして常に緊張感を伴う。
これは、交感神経の活発化を意味し、短軸策リンクの活性化を意味する。

すなわち、脳の機能のかなりの能力がはたらいているのではないか?

ヒトは本来持っている能力の限界まで使うことにより快感を伴う習性がある。

これは、成長するための必須項目であるといってもよいだろう。

まだまだ、脳科学はブラックボックスの部分が多いのが事実だが、この仮説は、あながち間違いではないと思う。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

40年のバイク歴から大いに同感・共感します。
【2009/03/05 23:25】 URL | 稲垣勝巳 #-[ 編集]

> 40年のバイク歴から大いに同感・共感します。

これはこれは、稲垣先生!!

よくぞ、お越しいただきました^^

ありがとうございます^^

先生もバイク乗りなのですね^^

今度バイクを買い戻したら、是非ツーリングでも^^

また、先生との約束を守るために、実行していることがあります。

メールにて、ご連絡させて頂きます^^
【2009/03/14 21:32】 URL | 岡田耕一 #-[ 編集]

私もバイクに乗っていますが、体で感じる、風をかんじる、
車にはない独特のものが有りますね。
そして能力の限界まで使うことにより快感をともなってくる。
脳って面白いですね。
【2009/03/15 11:06】 URL | 佐藤三喜夫 #R/gMu/Pk[ 編集]

佐藤三喜夫さま

書き込みありがとうございます!

バイクには、たしかに車にはない楽しさがありますよね^^

これからは、一年で最もバイクの楽しい季節ですね^^

どうぞ安全にバイクライフを楽しんでいただきたいと思います^^

バイクがなぜ曲がるのかというのも、まだ運動力学の観点からは、完全に解明されていないようです。

人が乗る=脳が関与している可能性が大きいのではないかとの仮説をたててみると面白いです^^
【2009/03/18 16:54】 URL | 岡田耕一 #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




ブログ内検索

検索したいキーワードを入力して検索をクリック!


プロフィール

岡田耕一

Author:岡田耕一
1963年愛知県名古屋市生まれ
東洋大学文学部印度哲学科卒業
自動車販売会社にて全国のトップセールスを経験
全国で一番若い営業所所長を経験
トップクラスの販売店実績をあげる
ユーザー向けの新規イベントの立ち上げを数多く経験
大前研一氏主宰のアッタカーズ・ビジネススクールの全講座を卒塾
黒川伊保子氏に師事
男女脳・語感・感性トレンドを研究
セミナー講師
執筆活動など幅広く活動中
著書に「なぜ、人は7年で飽きるのか」中経出版
(黒川伊保子氏との共著)
がある。

人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
応援ぽちっとよろしくお願いします^^


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。