A BASE ON WEB
感性アナリスト「岡田耕一」のWEB上の活動の基地局です。 感性アナリストとしての活動報告から日常の些細な事まで感性アナリストとしての目線から多くの情報を発信していくブログです。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


男女脳の違い 実例

私はバスはほとんど乗らないのだが、バスの利用者に先日興味深い話を聞いた。

バスの二人掛けの席に一人で座る場合、男性は窓際に、女性は通路側に見事に別れて乗っていたとのこと。

感性アナリストとして男女脳差の観点から様々な事象を研究しているものとしては非情に興味深い事象だ。

これは、男性脳は空間認識力が高く、女性脳は目の前にあるものを、つぶさに観察する能力が長けていることに起因する。

バスと言っても観光バスでなく路線バスであることがポイントである。

男性脳は見慣れた景色でも無意識のうちに空間把握能力を使い切る事ができる窓際を好み、女性脳は見慣れた景色よりも身近な小さな変化に気がつく能力を刺激されるのが心地よいと脳の潜在域が判断をしている無意識の行動の結果であろう。

これは、脳梁をはじめとする、様々な左脳・右脳をつなぐ領域が女性脳の方が簡単に表現すれば太いからである。そのために、女性は左右の脳の連携がよいのである。

左右独立傾向にある男性脳・左右連携傾向にある女性脳

どちらも長所短所がある。

その短所のみをお互いが目くじらを立て、恋愛や職場や家庭でのすれ違いがおこっているのが実情である。

お互いの性差を理解し認め尊敬し相互補完しあうことが大切であることはいうまでもない。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




ブログ内検索

検索したいキーワードを入力して検索をクリック!


プロフィール

岡田耕一

Author:岡田耕一
1963年愛知県名古屋市生まれ
東洋大学文学部印度哲学科卒業
自動車販売会社にて全国のトップセールスを経験
全国で一番若い営業所所長を経験
トップクラスの販売店実績をあげる
ユーザー向けの新規イベントの立ち上げを数多く経験
大前研一氏主宰のアッタカーズ・ビジネススクールの全講座を卒塾
黒川伊保子氏に師事
男女脳・語感・感性トレンドを研究
セミナー講師
執筆活動など幅広く活動中
著書に「なぜ、人は7年で飽きるのか」中経出版
(黒川伊保子氏との共著)
がある。

人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
応援ぽちっとよろしくお願いします^^


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。