A BASE ON WEB
感性アナリスト「岡田耕一」のWEB上の活動の基地局です。 感性アナリストとしての活動報告から日常の些細な事まで感性アナリストとしての目線から多くの情報を発信していくブログです。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


消費者と業界関係者との事故車の認識の違い

事故車とは事故をおこしたことのある車を指すと一般的には解釈されているのが現状であろう。

一般消費者と業界関係者との間には、この認識に乖離がある。

一般消費者にとって、どんな事故でも事故を起こし板金修理したものは事故車なのでは?と解釈する人が多いと思う。

業界関係者は事故車のことを修復歴有車と認識する。

この修復歴の定義がどんどん変わってきている。

これは、オークション関係の活発化に伴い、オークション会場の判断がばらばらではよろしくないので統一化が図られた結果、自動車の査定の胴元である、日本自動車査定協会も準じざるを得ないという市場が業界を変化させている好事例でもある。

まず、ボディーの外側を形成するパーツの板金は事故車にはならない。
人間でいうと着ている服が破れたから着替えたことに相当する。

ボディーの骨格を形成する部分を修復したものが事故車になるのだ。

このボディーを形成するパーツの中でもバルクヘッド(ボンネットを開けると、バンパーとエンジンルームの間にラジエーターがあるのだが、そのラジエーターの上にあるフェンダーとフェンダーをつなぐパーツ)の交換は事故車にならなくなっている。

つまり、追突をして、バンパーが取れ、ライトが割れて、ボンネットが曲がってしまったような事故でも、このバルクヘッドのみを交換してある車は事故車とならないのである。

交換でなくここを修復したものは、修復歴有りとなるところが、複雑なところである。

ドアの交換も事故車にならない。フェンダーの交換も事故車にならない。
が、リアフェンダーの交換は事故車になる。

一般の消費者がこの区別をつけるのは非常に難しい。

そこに目をつけ商売をするものもいる。

また海外では日本の中古車は非常に人気があるので、事故車であろうがお構いなしに売れている。

自動車業界の流通の仕組みが川下から変わっていくには消費者も知恵をつけなければならない。

日本の自動車業界は古い体質と新たな新興勢力の間には既に目に見えない戦争が始まっているのだ。

川上にたつメーカーはこの事実をどれだけ認識し、流通の仕組みの変化に耐えうる術を用意しているのかは私は知る由もない。

只、メーカーも流通に関わるものも消費者もそれぞれが納得し満足感が得られる流通の仕組みに正しく変化していってもらいたいと強く願う。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




ブログ内検索

検索したいキーワードを入力して検索をクリック!


プロフィール

岡田耕一

Author:岡田耕一
1963年愛知県名古屋市生まれ
東洋大学文学部印度哲学科卒業
自動車販売会社にて全国のトップセールスを経験
全国で一番若い営業所所長を経験
トップクラスの販売店実績をあげる
ユーザー向けの新規イベントの立ち上げを数多く経験
大前研一氏主宰のアッタカーズ・ビジネススクールの全講座を卒塾
黒川伊保子氏に師事
男女脳・語感・感性トレンドを研究
セミナー講師
執筆活動など幅広く活動中
著書に「なぜ、人は7年で飽きるのか」中経出版
(黒川伊保子氏との共著)
がある。

人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
応援ぽちっとよろしくお願いします^^


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。