A BASE ON WEB
感性アナリスト「岡田耕一」のWEB上の活動の基地局です。 感性アナリストとしての活動報告から日常の些細な事まで感性アナリストとしての目線から多くの情報を発信していくブログです。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


BMW135iクーペ Mスポーツ発表

今年のキーワードの一つに、本質という言葉を年初に挙げ、そのキーワードを持つ商品や事象などがあったら報告すると述べたが、自動車にも理解しやすいものが発表された。

「BMW135iクーペ Mスポーツ」である。

1シリーズのバリエーションである。

1シリーズとは、ワゴンタイプ(ハッチバックタイプ)の小ぶりなBMWと表現すれば、ご理解いただきやすいだろうか。

少しBMWの背景を紐解いてみたいと思う。

ドイツには、富裕層にうけるメルセデス・ベンツ、大衆車のフォルクス・ワーゲン、スポーツカーのポルシェが存在する。

その中でBMWは、高級感と走りを軸に商品開発をしてきたメーカーである。

そして、1シリーズはボトムモデルとして投入され、ライバルになるのはワーゲンなどである。

ハッチバックタイプで使い勝手がよいこのモデルはソフト期の車であるといえる。

そこに、BMW135iクーペ Mスポーツの発表である。

車の本質とは、走る・曲がる・止まるである。
そして、この要素はハード期に転換するとより顕著に現れるようになってくるだろう。

ソフト期の終盤において、同じ1シリーズでありながら、クーペ2ドアボディーを持ち、ハイパワー(306馬力/40.8kgm)エンジンを搭載している。

実用性よりも走り優先の車であることがよくわかる。

少し前に日本ではメーカー自主規制により、280馬力を上限としてきた。
このことからも、1シリーズの306馬力は、かなりのハイスペックといえるだろう。

当然、馬力だけ上げただけでは、ボディーもミッションも、そのパワーに耐える事ができない。

その辺りのことはきっちりとまとめられているはずである。

2ドアクーペというのも、使い勝手よりもボディー剛性を重視したからではないかと思う。

つまり、使い勝手重視の1シリーズに走りの本質を貫いたモデルを投入した事例になる。

デザインはきっちりとアナログデザインを周到している。

時代の風に上手く乗った車と言える。

今後の販売動向が楽しみな車の一台である。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




ブログ内検索

検索したいキーワードを入力して検索をクリック!


プロフィール

岡田耕一

Author:岡田耕一
1963年愛知県名古屋市生まれ
東洋大学文学部印度哲学科卒業
自動車販売会社にて全国のトップセールスを経験
全国で一番若い営業所所長を経験
トップクラスの販売店実績をあげる
ユーザー向けの新規イベントの立ち上げを数多く経験
大前研一氏主宰のアッタカーズ・ビジネススクールの全講座を卒塾
黒川伊保子氏に師事
男女脳・語感・感性トレンドを研究
セミナー講師
執筆活動など幅広く活動中
著書に「なぜ、人は7年で飽きるのか」中経出版
(黒川伊保子氏との共著)
がある。

人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
応援ぽちっとよろしくお願いします^^


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。