A BASE ON WEB
感性アナリスト「岡田耕一」のWEB上の活動の基地局です。 感性アナリストとしての活動報告から日常の些細な事まで感性アナリストとしての目線から多くの情報を発信していくブログです。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008名古屋オートトレンド その? 

オートトレンド


時間のない中、やはりスーパーカーにはトレンドがきっちりと出ているので、画像が欲しくて、二日目も行ってきてしまいました。

画像は撮影者に版権が有るので自分で画像を撮るのが一番なのだが、まだまだ機材を使いこなせないのがしょぼぃところですが・・・



マッハ号リア


今回はマッハ号のリアをUPです。
このリアに出ている小さな羽根のようなもの。
戦闘機についているパーツです。

車が戦闘機と同じスピードが出ないので、意味があるというよりもかっこよさ重視のデザインといえます。

これが、ハードの要素がデザインに出てくるということなのです。



ディノ


こちらは、前期のアナログ・ハード期の車代表という事で、DinoをUPしました。
曲線・曲面多用のデザインはアナログデザインの要素が色濃く出ています。
そして、走りは本質である走る・曲がる・止まるが高次元で実現されているアナログ・ハード期の車です。

この車は当初フェラーリという冠を与えてもらえてない車ですが、亡くなってしまったフェラーリさんのご子息様のお名前を車につけたという物語があります。

その後、308へと継承されフェラーリの代表するモデルへと進化していくことになった車です。

自動車業界では、その後のデジタルハード期に移行したときに、マスキー法という排ガス規制がアメリカで制定され、各メーカーが苦労をした時代です。HONDAがシビックのCVCCエンジンを開発する事でこの危機的次期を乗り越えた歴史があります。

最も車がハイパワーで走る喜びをユーザーが求める時代に、そういった性格の車がメーカーは発売する事ができませんでした。ケンメリGTーRがわずか百数台で発売されなくなったのも、この排ガス規制の影響です。

そこであのスーパーカーブームが始まったのです。

実際に車を走らせる人たちの間では改造(チューニング)という現象がおこり、車にパワーを求めた時代でもありました。

クラウンリア


初代クラウンは、帰りに寄った別の場所で撮影したものですが、前回のブログにUPした初代スカイラインと同じデザイン傾向にあるのがよくわかります。

トランク形状はリア下がりの曲線曲面で構成されているアナログデザインですが、航空機の尾翼のようなテールフィンが立っています。

この傾向がもうすぐやってくるアナログ・ハード期代表・冒頭のマッハ号の曲線曲面で構成されてるデザインに戦闘機についているパーツがたっているのと同じ傾向であるとお気づきになれますでしょうか?

これが、感性トレンドが同じ時代がめぐってきた時の差のわかりやすい事例です。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




ブログ内検索

検索したいキーワードを入力して検索をクリック!


プロフィール

岡田耕一

Author:岡田耕一
1963年愛知県名古屋市生まれ
東洋大学文学部印度哲学科卒業
自動車販売会社にて全国のトップセールスを経験
全国で一番若い営業所所長を経験
トップクラスの販売店実績をあげる
ユーザー向けの新規イベントの立ち上げを数多く経験
大前研一氏主宰のアッタカーズ・ビジネススクールの全講座を卒塾
黒川伊保子氏に師事
男女脳・語感・感性トレンドを研究
セミナー講師
執筆活動など幅広く活動中
著書に「なぜ、人は7年で飽きるのか」中経出版
(黒川伊保子氏との共著)
がある。

人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
応援ぽちっとよろしくお願いします^^


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。