A BASE ON WEB
感性アナリスト「岡田耕一」のWEB上の活動の基地局です。 感性アナリストとしての活動報告から日常の些細な事まで感性アナリストとしての目線から多くの情報を発信していくブログです。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


女性の知恵で「ムダ取り隊」

七月十九日付け 日経産業新聞 22面

女性の知恵で「ムダ取り隊」

の記事を読んだ。

2007年問題とされている団塊世代の大量退職に伴い、また少子高齢化社会による労働人口減少の問題は既に始まっている。

当面は退職者の再雇用なども具体案として実行する企業も多いことだろうが、抜本的な解決策ではない。

この問題に関しては様々な方が色々な意見をあげておられる。

退職者の再雇用、外国人労働者の受け入れ、女性の労働力の活用の見直しなどが、実際に有効だとする識者も多いようだ。

外国人労働者の受け入れに関しては法律の問題が絡むので企業努力だけではすぐに解決できない。政治家がもっと本気で取り組んでもらいたい問題の一つでもある。

また、退職者の再雇用も時間とともに定年を迎える人が少なくなるので対症療法で抜本的問題の解決とはならない。そして失われた十年の間にババを引かされた若い有能な人はどうなるのかと問いたい。

私は、女性の労働力の活用は、今すぐにでも実行できる方法の一つであると思う。

結婚や出産の為に会社を辞めた女性の多くの労働力はパートや派遣へと流れている。

女性の有能な能力を充分に活用しているとは言い難いと思う。

感性アナリストの立場からすれば、そもそも男性と女性は脳のつくりが違い、それぞれの得意なことが違うのである。

それぞれの得意なことを協業し、事業を運営していくのが成功の近道の一つだと考える。

この日経産業新聞に載っていた記事は、その考えを具現化したものの一つだと思った。

簡単に言うと、社長直轄の組織として社内のムダをはぶき、コストを削減しようということだ。
結果は2006年下半期だけで、百九十万円の経費削減効果があったとされる。

数字で見れば大きな企業からしたら、些細なものかもしれないが、会社に眠る文房具類の再利用なども考慮に入れるともっと大きな数字になるだろう。

また、この仕組みをいろんな形で応用し水平展開すればもっと効果が上がるだろうと思う。

女性ならではの細やかな気付きと実行力がこのプロジェクトの成功要因の肝であると思う。

もしもこれが男性社員によるプロジェクトであったら、社長直轄とはいえ、これまでの人間関係からのしがらみや既存の常識などで、ここまでの成果はあがらなかったのではないかと思う。

この失われた十年といわれている間に労働分配率まで下げ経費を下げる企業努力をした中での経費削減プロジェクトはなかなかレベルの高い仕事ともいえる。

ここで勘違いしてほしくないのは、経費削減のような仕事が女性を生かすということではない。

女性の細やかな気づきは男性よりも消費者の声を正確に掴む事ができるだろう。
また発想に関しては女性の方が男性よりも脳の構造上有利なのである。
それを職場や商品・サービスに生かす機会を増やす事が大切なのだ。

女性の真のビジネスパーソンとしての力に気がついていない企業が多いのではないかということだ。

やはり、この女性のビジネスパーソンとしての潜在力を活用するのが、労働力不足を解決する長期的で有効な方法の一つであると思う。

もちろん、定年の延長、定年退職者の活用も有効であろう。企業はおそらくこちらに力を注ぐのではないかと思う。

外国人の就業も国としてどうなんだろうか、今回の参議院戦では、あまり話を聞かない。

女性の能力の活用は女性からのムーブメントは目にするし、また女性の活躍で事業成功を収めている事例もあるが、一般企業においてはそれほど顕著ではないように感じる。

男性の長所、女性の長所、それぞれが協業しあって、良い業績をあげていく企業は今後、強みを持つことになるだろうと確信している。

けして男性の能力が低いといっているわけではありません。
男性にも男性の素晴らしい所はたくさんあります。
それと同様、女性にも素晴らしい能力がたくさんあります。

特に、この現代においては女性の能力をルーティンワークだけにしか活用しない企業はもったいないと思う。

既に自社内に有能な社員を抱えていても、既存の価値観で社員の能力を引き出せないのは企業にとっても大きな損失だと思うのです。





ロジックと感性

さて、発刊された本がどうなるのかというのは正直、気になります。

そこで時間が空いたので、本屋さんめぐりをしてみました。

まだ新刊なので大きな書店では新刊のコーナーなどで平積みされてました。

またビジネス書のマーケティングのところでも平積みされているところが多く、なんだか不思議な気分でした。

そんな事をしていると一人のビジネスマンがマーケティング本をなにかさがしているようでした。

その人はコンサバ系のマーケティング本をいろいろと物色しいるようでなかなか手にとってはもらえませんでした。

日経読んでないのかな?とも思いました。

日経でも宣伝していただいたのでそれを見て記憶にあれば、あ!と思って手に取るかもと思ったのですが、しばらく後ろから見てたのですが残念ながら手にもとってもらえませんでした。

あまり長くその人の後ろでその人の行動を観察していたら、怪しい人だと思われるのも嫌なのでその後どうなったかはわかりません^^;

ここからが本題です。

コンサバ系のマーケティング本は、王道でありしっかりとロジックが確立されていて、学び実践するのは努力すればできるし結果もついてくると思います。

しかしコトラーなどのしっかりしたマーケティング手法でも脳の潜在域にまで言及されている部分もあったと思います。

ビジネスでなにかの結果を出したり、判断を下すというのは、流れの速い川をどう渡るかに例えられるのではないかと思います。

一番安全で確実なのは、既に完成された安全な橋を渡ることです。
でもこの方法はノーリスクだが誰でも同じように渡れるのでビジネスとしてみたら、レッドオーシャンの値引き合戦でひいひいいうことになってしまうということです。

かといって、なにもなく気合だけで泳ぎきろうと言うのは、無謀なアドベンチャーです。

そこで、マーケティング手法や戦略論を勉強して、自分なりのビジネスを進めていくのが一般的な方法なのだと思います。

このマーケティング手法や戦略論は、川の途中まで橋を架けるようなものだと思います。

現在の経済の進行スピードはネットの普及と経済圏の拡大によって、相当な早さだといえます。

ロジックとして完成された方法だけだと、いつまでも向こう岸に安全に渡れません。

橋が向こう岸にまで完成しないくらいに流れが速いのです。

そこで最後は自分の力で泳ぐか飛び越えるかをしなければならないのです。

そのリスクを小さくするために、最新のロジックを学ぶのだと思います。

感性の観点からビジネスを見てみると、ロジックで掛ける途中の橋よりも、より向こう岸に近いところまで橋を伸ばす事ができます。

ロジックを学ぶと成功確率が高まります。でも絶対ではありません。最後にすこし冒険をしないといけません。

そこに感性の領域が大きく物をいうのです。
脳科学から裏打ちされた感性はその成功角度をより高くすることが可能だと思うのです。

感性と言うワードは今年はかなり注目されています。
その中でも脳科学に裏打ちされた感性はわかりやすいものだと思うのです。

この脳科学に裏打ちされた感性が私達感性アナリストが扱うものなのです。

今日は~

本日は私の誕生日でした。

ヒトの脳は地球の公転自転を感じていて、自分の年齢をちゃんとカウントしているのだ。

怪しい話でなく脳科学で証明されている話です。

で、誕生日を迎えた脳は昨日までの脳とは違うので最初はうまく使いこなせないこともあるらしいです。

さて、今年の僕の脳のパフォーマンスはどんな感じなんだろう。

たくさんの方から、お誕生日のメッセージを頂き、ありがとうございます。

言葉には力があり、それは文字にしても、PCの文字を通しても伝わってくる。

今年一年悔いの無い様に毎日小さなことを大切に積み上げて生きたいと思います。



ブログ内検索

検索したいキーワードを入力して検索をクリック!


プロフィール

岡田耕一

Author:岡田耕一
1963年愛知県名古屋市生まれ
東洋大学文学部印度哲学科卒業
自動車販売会社にて全国のトップセールスを経験
全国で一番若い営業所所長を経験
トップクラスの販売店実績をあげる
ユーザー向けの新規イベントの立ち上げを数多く経験
大前研一氏主宰のアッタカーズ・ビジネススクールの全講座を卒塾
黒川伊保子氏に師事
男女脳・語感・感性トレンドを研究
セミナー講師
執筆活動など幅広く活動中
著書に「なぜ、人は7年で飽きるのか」中経出版
(黒川伊保子氏との共著)
がある。

人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
応援ぽちっとよろしくお願いします^^


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。